イギリス SSE、商用車EV化法案を提言

 大手エネルギー事業者SSEがイギリス交通局Department for Transportationに2030年までに商用車をEV化する法制施行を提言した。SSEは昨年エネルギ大手のセントリカ(Centrica)とともに2030年までに両社が保有する商用車をすべてEV化する計画を発表している。英国では2040年以降、ガソリン・ディーゼル車の販売が禁止されることになっている。

ヨーロッパ EV販売数上昇カーブとCO2排出量低下カーブの関係

 EVの販売数は昨年から来年にかけて急増する予想だ。しかしかなりの数が「フェイク・エレクトリック」のプラグインハイブリッド車だ。最近のニュースでの報じられたようにプラグインハイブリッド車は試験時よりも最大で数倍の二酸化炭素(CO2)を排出していることが明らかになっている。

インド 10月前半、電力消費量昨年比11.45%の伸び

 新型コロナウイルスの累計感染者数が755万を超えたインド。3月のロックダウン以降8月までは明らかに感染症の影響を受けていたが9月からは需要回復の気配があった。産業界の需要がかなり強くなっていることが10月前半の消費量急増の原因だと分析されている。





下記フォームからご登録いただくと、有益な最新情報をお届けします

新規ユーザー登録
*必須項目
スポンサーリンク