スコットランド 世界初、画期的な風力発電によるブラックスタート

 スペインの大手エネルギー企業イベドーラ傘下の Scottish Power Renewables 社によると風力発電のタービンを疑似同期発電機として周波数および電圧の調整に活用したブラックスタートに成功したという。この「新技術」は、再エネの潜在価値を発掘したものといえる。

オーストラリア システムプライス乱高下、システムストレングスが根源的な問題

 10月中旬以降クィーンズランド州ではシステムプライスが激しい乱高下を繰り返すことが増えておりキャップとフロアを両方を記録した。表面的な理由は予定外の太陽光抑制とその解除が頻発したためだ。しかし、出力変動の予測が難しく電力事業者が直接稼働を制御できない再エネに電力送配電網が対応できないていないことが根本的な原因だ。

イギリス 2日連続で 「需給ひっ迫」 警告

 ナショナルグリッドは11月4日午前に1630-1830 の時間枠内に 466 MW 分供給が不足する可能性があるという警告 Electricity Margin Notice を発した(同日午後二時に解除)。需要増加予測と風力発電予測がマッチできなかったことが原因。プロトコルに則り国際連系線で結ばれているフランス、ベルギー、オランダ、アイルランドの各システムオペレーターも発動準備の依頼を受けた。

スペイン 新アルゴリズムでソーラーパークと変電所をつなぐ

 RatedPower 社は電圧変換アルゴリズムを自社のソフトウエア pvDesign に実装、変電所で使用可能となった発表した。太陽光発電所と電力網をつなぐカギとなる変電所を対象とした市場規模は昨年度末時点で151十億米ドルだった。再エネ発電の増加に伴い変電所の数も増加しており2026年度には24,500ユニットを超えると予測されている(Global Market Insights社)






下記フォームからご登録いただくと、有益な最新情報をお届けします

新規ユーザー登録
*必須項目
スポンサーリンク