本日のエネルギートランジションに関する世界中の最新情報をお伝えいたします。翻訳と考察をご希望の方はお問合せください。

Northern Powergrid looks to foster community energy growth with new strategyhttps://go.pardot.com/e/83602/nergy-growth-with-new-strategy/ghhnm8/569319957?h=BN_Is4eWTY4zXcQLybzCekPSm_dott79xLNf3VRh2b8
Project LEO to get ‘larger and more complex’ as it moves onto second phasehttps://go.pardot.com/e/83602/-as-it-moves-onto-second-phase/ghhnmg/569319957?h=BN_Is4eWTY4zXcQLybzCekPSm_dott79xLNf3VRh2b8
Chemicals giant that runs ‘world’s most polluting plant’ turns to wind and solarhttps://rechargenews.us1.list-manage.com/track/click?u=9ce2040dca4d38f9282025975&id=b0415bc10a&e=853fbc311d

【編集部コメント】

Northern Powergrid looks to foster community energy growth with new strategy

 イギリスでは、電力会社とコミュニティ・チョイス・アグリゲーション(Community Choice Aggregation:CCA)の方法を模索している記事が出ている。

 先週アメリカのコロラド州Boulder発の記事でCCA関連の記事を取り上げたが、アメリカではカリフォルニア州等CCAで先行している州がいくつかある。再生可能エネルギーだけを購入するという脱炭素の流れに乗って、新型コロナの影響で世界中でより地域分散化のメリットに注目が集まっているようだ。

Project LEO to get ‘larger and more complex’ as it moves onto second phase

 グリッドレベルでの再生可能エネルギー発電と需要のマッチングプロジェクトである、イギリスのProject Local Energy Oxfordshire (LEO)。

 3年プロジェクトの2年目、新技術を駆使してローカルレベルで再生可能エネルギーの発電と需要のマッチングを順次規模を拡大しながら行うこととなる。

下記フォームからご登録いただくと、有益な最新情報をお届けします

新規ユーザー登録
*必須項目
スポンサーリンク