アメリカ バッテリーの市場参加、FERCのオーダー841の歴史的意義

州の自治権の侵害に当たるかの紛争に終止符を打つ判断がなされ、バッテリー参加を前提とした卸売市場の設計を要求するFERC令の義務化が決定した(昨日既報)。欧州でも、バッテリーを巡る注目すべき動きがあった。

イギリス 議会、バッテリープロジェクトの上限値撤廃

50MW(ウェールズ州では 350MW)とされていた上限を撤廃。プロジェクト案件数が最大3倍に増加することが期待されている。

EU 欧州議会、バッテリーと水素が脱炭素化の要であることを圧倒的多数が同意

バッテリーと水素を中心に据えたエネルギー戦略を構築していくこととなる。法律的な縛りはないものの、バッテリープロジェクト推進の大きな原動力となることが期待される。

イギリス 昨夏の大停電の教訓 慣性機能の確保

昨年8月の広域停電で100万人近くが影響を受けた。落雷による周波数突変を検知したホーンシー洋上風力発電所が停止、同時にガス火力発電所も停止という連鎖反応が大規模、長期化した原因だった。

太陽光 ソーラートラッカーマーケット堅調

力強いユーティリティスケール市場に加え、再生可能エネルギー導入投資税控除の控除比率の漸減を見込んだ駆け込み需要等で北米市場が特に堅調。








下記フォームからご登録いただくと、有益な最新情報をお届けします

新規ユーザー登録
*必須項目
スポンサーリンク