ヨーロッパ 世界最長のインターコネクター施工開始

 ともに再エネ比率が急激に高まっている英国・デンマーク間で初の海底ケーブルとなるViking Linkは高圧直流(HVDC)インターコネクター。2030年時点で英国側の輸入の90%は再エネが占める予想。なお、全長760kmであり、世界最長の海底電力ケーブルとなる。2023年12月完成予定。

プエルトリコ 送配電網オーバーホール、甘すぎる見通し?

 2017年のハリケーンで数か月の停電が続いたプエルトリコ。カナダの電力会社とインフラストラクチャー会社のジョイントベンチャーが同国の電力網の根本的再構築に乗り出すが、前途は多難と米エネルギー会社は予想。

太陽光 米不動産会社、イスラエル先端技術企業に出資

 太陽光発電機器ロボティックス分野のリーダーEcoppiaに4千万ドル出資。太陽光発電に大きく舵を切ったインドにも拠点を持つ同社、太陽光プロジェクトが大型化する中、参画企業にも堅固な財務力が求められることが背景。

ガーナ 新型コロナ対応電気料金補助制度の検証

 3月時点の月額消費を基準に、国内のおよそ2/3を占める50KWh未満の「ライフラインカスタマー」は3か月電気料金無料、それ以上は3か月間電気料金半額となる。ドイツのエネルギー調査機関が、1,200軒を対象にした電話調査を実施した。






下記フォームからご登録いただくと、有益な最新情報をお届けします

新規ユーザー登録
*必須項目
スポンサーリンク